【送料無料・まとめ買い2個セット】明治 サバス ウェイトダウン チョコレート風味 50食分 1050g(4902777301433)スポーツ・プロテイン配合 減量するために


 >  > 【送料無料・まとめ買い2個セット】明治 サバス ウェイトダウン チョコレート風味 50食分 1050g(4902777301433)スポーツ・プロテイン配合 減量するために

金沢謙太郎(神戸女学院大学教員、環境社会学)

熱帯の土
ウル・バラム(バラム河奥地)の風景において、森林植生の深い緑に対して、ところどころ剥き出しになった土壌の赤黄色とのコントラストは実に鮮烈です。熱帯雨林では 【3種セット5%オフ】 うわさのうこん 48g & ノニーノジュース小 500ml & 春うこん粉末(アルミ袋入り) 100g ‥ 【クルクミン】【うわさのウコン】【ノニジュース】【春ウコン粉末】、地球上でもっとも多様で豊かな生物相が見られる一方、その土は案外もろく養分は貧弱です。化学性、物理性ともに不良で、表層土が侵食されやすいアクリソルという種類の土壌が山地の赤や赤黄色の正体です。アクリソルは東南アジア全陸地面積のおよそ半分に相当する2億haを占めるといわれます。他にも、古い地質のボルネオ島では、高温多湿による土の養分の溶脱が進み地力が低い土壌が広範に広がっています。
こうした土壌条件を背景として、T・ヘッドランドという文化人類学者は、フィリピンでのフィールド調査から「野生ヤムの仮説(Wild Yam Question)」なるものを提示しました。ヘッドランドによれば ロッテ・ホカロン ミニ 1ケース(10個入×48P) (480個)、熱帯雨林は食糧の恵みの乏しいところであり、野生のヤム芋のようなデンプン源はきわめて少なく入手困難であるとされます。そして、熱帯雨林の狩猟採集民は農耕民の栽培作物に頼ることなしに生存することはできないとの仮説に至ります。

サゴ・デンプン
たしかに、ウル・バラムでも地中から野生のヤム芋を一定量見つけるのは容易ではありません。しかし、その代わりに 【送料無料】TOEI LIGHT(トーエイライト) ストレッチMGボード H-7214 トーエイライト ストレッチMGボード、サゴヤシという地上の植物の内部にデンプン源が存在します。サゴヤシというと、一般にはサゴヤシ属のヤシを指しますが、サゴ・デンプンが採集できるヤシは他にも、クロツグ属やテングヤシ属などがあります。ヤシは多年生本木で気候の変動や病虫害を受けにくく、一年中安定して利用できます。狩猟採集民のプナン人が特に好むチリメンウロコ属(Eugeissona)のヤシは、急な斜面や尾根に自生しています。プナンが食用とするサゴヤシは、十数種類あります。芯の部分をそのまま食べる種類もありますが、多くの場合、サゴヤシ樹幹の髄部からデンプンを抽出して、粉状に加工します。

採集方法
サゴ・デンプンを採集するには、収穫や脱穀といった農業にも近い生産過程が必要です。簡単にご紹介します。まず、サゴヤシの群生を探します。ヤシは地表から数本の幹が密集して伸びています。その近くで以下の作業を数日間かけて行います。男たちはヤシの棘に注意しながら、斧で幹を切り倒します。それぞれの幹を1メートル前後の長さに切り分けます。その場で、山刀で表皮を削りとります。切り分けられた幹を川べりに運びます。写真1のように、山刀と棒を使って、その幹を縦方向に真っ二つに割ります。その後、鍬に似た道具で、幹の中につまっているサゴヤシの髄をかき出します。
続いて、女たちの作業が始まります。まず、川辺に竹でもって2メートル四方の土台を作ります。籐の敷物を敷き 、その上にかき出した髄を盛ります。一人がその上に水をかけながら、もう一人が、裸足で軽くステップを踏むようにして髄を押し洗いします。この作業は数時間続けられ、下に敷いてあるシートにデンプンが沈澱するまで、さらに数時間待ちます。沈澱し終わったデンプンは団子状にまとめられます。そして、4~5時間遠火にかけて、ゆっくりと水分を飛ばした後、粉状に砕きます。これで、長期の保存が可能になります。


写真1. サゴ・デンプンの生産過程 

ナオの味
粉末状のサゴに、温度と量の加減を見ながらお湯を入れて攪拌すれば「ナオ」と呼ばれるプナンの主食ができ上がります(写真2)。糊状のナオを「アティプ」という先の割れた箸を使い、くるくると巻いて食べます。ちょうどチーズ・フォンドゥを食べる要領です。味のほうは、餅と寒天を足して2で割った食感に、少々金気があります。チリメンウロコ・ヤシはカリウムやリン、

、鉄分などを豊富に含んでいるためです。特に、鉄分(100グラム当たり1.5mg)は白米の3倍、玄米の2倍に相当することから、マラリアによる鉄欠乏性の貧血予防に役立っていると考えられます。


写真2. サゴ食(ナオ) 
 
 移動生活の理由
図1のバラム河流域には、現在6,000人前後のプナン人が暮しています。その大半は定住して村を作ったり、半定住の生活様式を営んだりしています。彼らはこれまでに周りの農耕民からコメやキャッサバの栽培方法を学んできました。しかし、同時に、農耕を始めた人びとを含め大多数のプナンは日常的に森に入って、生活の糧を得ています。
また、一ヶ所に定住せず移動を続けているプナンが現在も300人前後いるとみられます。彼らは森の中で数週間から数ヶ月単位で移動します。移動を繰り返す最大の理由は、デンプン源であるチリメンウロコ・ヤシの採集のためです。チリメンウロコ・ヤシがプナンの自律的生存の要であるといって過言ではありません。

狩猟採集民と農耕民の関係
冒頭で紹介した「野生ヤムの仮説」については、プナン人のサゴ利用を見る限り、当てはまりません。しかしながら 【お年玉コフレ・正規品・送料無料】COSMEお年玉グロスコフレSET&シャネル オンブルプルミエールクレーム 804サンティヤンス ドゥ シャネル(4g) CLE DE PEAU BEAUTE/クレ・ド・ポーボーテ タンフリュイドエクラ ラディアントフルイドファンデーション 30ml #O20 (33338)、プナン人と近隣の農耕民との関係性に注目している点は一考に値すると思われます。狩猟採集を生業とするプナン人はこれまで籐や沈香などの各種林産物を提供し、その代わりに森からは得られないナベや衣類、塩などの生活物資を農耕民から手に入れてきました。彼らの日常的なモノや情報交換のベースには、それぞれが築いてきた生業の知恵や技術に対する一定程度の敬意があると私は感じています。
次回、

【送料無料・まとめ買い2個セット】明治 サバス ウェイトダウン チョコレート風味 50食分 1050g(4902777301433)スポーツ・プロテイン配合 減量するために

、商業伐採の進出状況とその問題点についてお伝えします。


図1. バラム河流域のプナン集落の分布

【送料無料・まとめ買い2個セット】明治 サバス エッセンススプレー ウェイトダウン チョコレート風味 50食分 1050g(4902777301433)スポーツ・プロテイン配合 減量するために ボリュマイジング

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-40933